少額資産からでも参加ができるFXのメリット

By: John Fellner

為替取引というと一定以上のまとまった資産がないと参加できなかったり、仮に取引に参加ができたとしても大きな利益がねらえないなど、あまりいいイメージがないという印象を持っている方も少なくはないと思います。しかしFXにおいては少額資金から始めたいという方であってもレバレッジと呼ばれるような、いわゆるてこの原理を利用した為替取引が可能になってきますので、誰でも気軽に参加ができるという大きなメリットを持っているのです。

かつては為替取引においては高額な元手資産を活用することで初めて利益を追求することができるような仕組みになっておりましたが、現代のFXにおいてはレバレッジ効果を上手に活用することによって、FXに掛けられる資産が少ししかないという方であっても、大きな利益を狙って通過トレードを行うことが可能になっているのです。

また、レバレッジを高く設定しすぎてしまうとそれだけリスクも大きくなるといわれておりますが、最近ではFX取引会社によってレバレッジの最大値が限定されるようになってきておりますし、証拠金以上の損失をFX利用者が被ってしまわないように自動ロスカットの仕組みも採用されてきておりますので、トレードに参加される方が多額の負債を背負ってしまうということを柔軟に回避できる仕組みも整備されてきているのです。

FXなどの為替トレードは初心者には難しいというイメージがありますが、実際にはSBIFXのサービスの一環としてリスク回避のためのサポートが数多く用意されておりますので、初めてでFXに対して不安を感じてしまうという方や、手元に少額の資産しかないという方でも安心して大きな利益を狙うということも可能になってくるのです。

レバレッジなども自分で適切に運用できる範囲で上手に利用していくことで、バランスが取れた通過トレードが実現できるようになってきますし、経験によって大きな利益も狙えるようになってくると考えられます。

Posted under 未分類

米ドル円の強さを感じるエピソード。豪ドル円を売れなかった

By: Scholastica

東京時間は人民元の大幅安を意識したドル高が優勢でした。米ドル円以外のクロス円はすべて売られました。欧州時間になるとユーロ円が優勢的に買われて一段高となる展開。逆に東京時間に堅調だった米ドル円は売られて125.06から124.71まで下落。

だけど、反発力は強く、19時50分現在、124.96まで反発しています。米雇用統計が発表されてから数日間の米ドル円の動きを見ていくと、これは売れないと感じます。雇用統計発表後、125円を回復するとすぐに売られ、数時間後には124円前半まで下落。結局124円前半で週末を終えたものの、週明けからは徐々に回復。午後になるとさらに買われて124円半ばまで戻します。そして本日は124円半ばからスタートして、ドル高優勢になる底堅い展開であっという間に125円付近に戻してきました。

回復力の高い米ドル円のこの姿を見ると、とても売れません。下げたらやっぱり押し目買いで対処したいところです。また危険な目にいっぱいあってきた125円に接近してきています。黒田日銀総裁の発言、オバマ大統領のけん制発言で突き落とされた価格が125円なんですよ。また何かありそうだ。ニューヨーク時間を迎える前に米ドル円の分析レポートが入ってきました。米ドル円は125円をタッチすると押し戻されているが、続々と待ち構えている売りオーダーをこなして上昇している底堅い姿が印象的だと述べています。

本日は手掛かりになる指標はないけど、目先は6月の125.86を目指すことになるかもしれません。読んだことで米ドル円は買いを考えるべきだと思いました。豪ドル円は東京時間の安値から91.70付近まで戻したのはいいですが、私が売りを仕掛けたかった1時間足の抵抗線がある91.80までは届かず、トレードなしとなりました。10PIPS下の91.70辺りで持っていたら91.50まで下げていますから、無事トレード成功です。今日のようにあまりにきっちりした位置で入ることにこだわって待っていてはなかなかトレードチャンスは巡ってきません。

Posted under 未分類

マルチ時間足を使用したエントリータイミング

By: minoru karamatsu(柄松稔)

FXを行う上でまず乗り越えなければならないのがチャートの読み方です。このチャートはファンダメンタルズ重視でもテクニカル分析でも必ず必要になってくるツールで、現在の価格を把握するにはその理解は必須となります。

基本的にFXのチャートは株式取引などと共通なので、普段日経平均などに注目されている方は、抵抗なく理解出来るでしょう。しかし、FX取り引き特有のチャートというものも存在します。株式市場と違いFXは基本的に世界中の何処かの取引所が開いている限り24時間取り引きされています。そのためチャートの本数は膨大になり、1分足から月足まで幅広い長さのローソクチャートが表示されます。

FX取り引きを行うには自分の取り引きスタイルに合わせてどの時間軸のチャートを使用するかが非常に重要になるのですが、デイトレードならば1分足や5分足、スイングトレードならば4時間足のように投資を行う期間に応じて時間軸を変更するのが一般的です。

しかし、いくら1分足や5分足で上昇トレンドに合っても、1時間足や4時間足などの長時間の時間軸では下降トレンド真っ最中ということもよく起こります。また反対に4時間足などでは下降トレンドでも短期の1分足・5分足などでは上昇トレンドを描いていることもあり、トレンドフォロー戦略における時間軸の矛盾が生じてしまいます。

つまりトレンドに則したエントリーを行おうとしても、参考にする時間軸毎にトレンドの上下が異なるので、エントリーの基準が不明瞭になってしまうのです。こうしたエントリータイミングの矛盾を解決する方法として、同時に短期の時間足と長期の時間足を表示させておくという方法があります。例えばデイトレードを行う際にも1時間足など長期の時間足も表示しておき、ロングでのエントリーならば短期と長期両方の時間足が上昇傾向にあるときだけエントリーを行うという戦略にするのです。こうすることによって急な反落や反発など思いがけない為替の動きに翻弄されることも少なくなり、容易にエントリータイミングを図る事が可能です。

Posted under 未分類

トレンドを敏感に感じ取ることがFXの醍醐味

By: Serena Snowfield

FXでトレンドを掴むことが成功の近道といわれるのは、絶対にそうした変化を繰り返すという傾向があるからです。上がった通貨は必ず下がりますし、下がった通貨は必ず上がります。これが一定の周期で波打っているわけですから、底と天辺さえわかっていれば儲けることができます。ただ、それは後になって客観的にチャートを分析すればこそわかることで、当事者となっている段階ではそうなると確信が持てるわけではありません。

少ない例かもしれませんがどこまでも価値が上がり続ける、また下がり続けることも決してないとは言い切れないからです。稀に見るそうした大変動がありますし、大変動でなくてもこちらの予想を裏切るような値動きをすることは頻繁にあるため、それがトレンドの見極めを非常に難しくしているのです。

それを見極められるようにするためには、繰り返しトレードをして覚えていくしかないです。チャートの動きにはそれなりのパターンがありますので、そのパターンをつかむことさえできれば思い切ったトレードをすることができます。そのときにレバレッジを上げていればまとまった利益を生むことができますので、その瞬間を目指して取り組んでいくことが大事です。

FXを始めたばかりの状態ですとそんなことはまったくわかりませんし、ただ単に何となくトレードしていくのが精一杯です。それでもたまに利益を得られることがありますし、ビギナーだからこその思い切ったトレードも可能です。ただ、それは長続きするものではなく最初だけのことですからあまり信頼はできませんので、いずれはトレンドを見極めていくことが必要になってきます。

トレンドを見極めたトレードができるようになるとFXがとても楽しくなってきますし、それで利益が出れば最高です。FXは取り組む人も多いですが辞める人も多く厳しい世界なのは間違いないですが、だからこそ一生懸命力を注ぐ価値があります。ですので、そこを目指して頑張り続けることは決して無駄ではないのです。

Posted under 未分類

一獲千金だけでなく、長期の資産運用にも使えるFX

By: GotCredit

FXと聞くと、多くの人は投資というよりも一攫千金のギャンブルに近いイメージがあると思います。っと言うのも、「FXで億を稼いだ」などのニュースが目につくからです。しかし、実際のところ、FXで一獲千金を得た人は少なく、多くの人が損をしているのが実情です。

それではなぜ、「FXで億を稼いだ」などの派手なニュースがよく流れるのかというと、メディア的にはFXで損をしたニュースよりFXで一攫千金のニュースの方がウケが良いですし、FX業界的に儲かったというニュースの方がより多くの人に口座を開いてもらえるからです。FXは基本的に、圧倒的多数の人が損をしますので、本当に稼ぎたいのであれば、避けた方が良いでしょう。

しかし、それでもFXで稼ぎたいと思うのであれば、大負けしないやり方があります。それは、大きなトレンドの流れの時に、レバレッジを低くして、長期にポジションを持つことです。FXは為替差益で儲けるキャピタルゲインと金利差で儲けるスワップポイントがあります。このスワップポイントは毎日発生します。このスワップポイントを狙っていきます。

この時、レバレッジを1倍、2倍と低く設定しておくことがポイントです。レバレッジとは、自分の預け入れた証拠金を担保にその何倍もの資金を運用する方法です。例えば、レバレッジを10倍で取引すれば、10倍の資金を運用することになるので、10倍儲けることができます。逆に、損をする時は10倍損をしてしまいます。レバレッジはギャンブルのように短期で一攫千金を得る時には重要ですが、長期で運用すると相場に若干の調整が入った時に大きく損をしてポジションが手仕舞われることがあるので、長期運用には適しません。

長期のスワップポイント狙いでの他のポイントとしては、タイミングです。毎日スワップポイントが入って来て、レバレッジを低くしているから安心といっても、スワップポイントで入って来る金利は微々たるものですので、相場が大きく動いた時に、今まで貯まっていたスワップポイントで儲けが一気に吹っ飛んで大きく損をすることもあります。だから、相場に入るタイミングも大事です。例えば、2011年から始まったここ最近の円安などは絶好のタイミングでしょう。この方法なら、時間はかかりますが、キャピタルゲインとスワップポイントの両方が入るので、お勧めです。

Posted under 未分類

FX開始から確実に利益をあげるには!これから始める方へ

By: Ana_Cotta

FXでの成功者に憧れて自分も1ヵ月に100万円の利益を!と意気込んでいるあなた!やめておいた方がいいです。無茶な投資は失敗がオチです。人間は、魅力的なものに対して情報を集め、これなら自分なら出来るかもと、青写真を描くものです。それはいいことでしょう。ただ、自分の尺度にあっていますか?1ヵ月に100万稼ぐ人は少なくとも1000万以上の資金は持っています。その成功者の仲間入りをするために一番大切なこと。それは続けられることです。離脱組に入らないことが唯一の道です。これから、そのステップを私なりにお話しします。

ステップ① デモ口座を作り取引を始める
1ヵ月適当でも構いませんので、10%の利益を生み出せるか挑戦してみましょう。ゲーム感覚で構いません。1ヵ月に成功したらもう1ヵ月と少なくとも3ヵ月は続けることをお勧めします。ポイントは利益率10%です。ここで無理なく10%伸ばすための資金管理を勉強しましょう。

ステップ② 目標利益率を極端にあげる
次は極端に目標を高くしましょう。目標利益率を100%に設定します。100万を1ヵ月で200万円にするんです!取引口数を増やし、一度に大きな利益を追い求めましょう。これも3ヵ月程続けましょう。ここではロスカットの危険が極端に増します。失敗に気づきすぐき切り替える度胸と諦めを身に着けます。実際、本口座で始める際はここが非常に重要なポイントにないります。これができないと続けられることは皆無でしょう。

ステップ③ いざ出陣!
さぁ!それでは本口座です。ステップ①終了時点とステップ②終了時点で資金はどうなったでしょうか。うまくいけば最初の4倍程の資金に膨れ上がっているでしょうし、失敗していれば資金はほとんど無くなっているかもしれません。①・②で大切なのは小さな成功体験と失敗の恐怖です。その中で、勉強を重ねたあなたは、半年前の青写真を描いたあなたとは様変わりしているはずです!

最後に、投資の利回りは月間10%出れば十分です。高すぎる目標設定をすることが何よりもハイリスクなのです。大切なは続けられる事!

Posted under 未分類