キャッシングの借入に依存して生きるのを辞めましょう

人には色々癖があって、サラッと何もこだわらずに生きる人も居れば、何かにすがりついて頼って生きる人も居ます。人はどうしても手放せないっと同じ事を何度も繰り返してしまう依存症にはまる人は大勢います

例えば、パチンコ依存症、アルコール依存症、ギャンブル依存症、占い依存症、ゲーム依存症、薬物依存症、煙草依存症など、さまざまな種類がありますが、辞めないといけないっと解っているのに辞めれないものばかりです。

これを辞めようと、身の回りの整理をします。例えば、お酒を捨てるとか、煙草を捨てるとか、ゲームの機械を捨てるなど、目の前からその存在を消し去ってしまう方法です。しかし、どうやっても、どうにかして手に入れる事は可能なので、また新たに買ってしまって、依存してしまうものなのです。

強い意志のある人なら、何かをきっかけに辞めれるようですが、弱い意志の人が、これを辞めるのには、大きな病気になるとか、死ぬまできっと辞めれないだろうっと確信している事でしょう。そんな依存症の人が、もしもキャッシング依存症になってしまったら、大変です。

キャッシング依存症は、借入をして、また借りようとします。そうすると限度額がいっぱいになったらもうここでは借りれないからと、別の企業に借ります。そして別の企業でも同じ事をします。そして何件も何軒も借入をして行きます。先では、借入し過ぎて、ある時キャッシングの申し込みをすると他社でいっぱい借入しているからっと、融資を断られます。

この企業が貸してくれないのならっと、もっと審査の優しい企業へと行くのです。そして最後には、何処に行っても借入を断られた人が借入出来るブラック企業などへキャッシングするのです。この状態でも、まだ依存症は続きます。

もう何処にも借りれないし返済日も迫っているというので、犯罪を犯したり、親や友人や恋人のお金をくすねて返済したりして、キャッシングの為に悪い事をするようになったりしかねないのです。最後には、破産をしたり、夜逃げをしたり、自殺をしたりと最悪の結果になるのです。だから、キャッシングに頼って依存した生き方をするのを辞めるべきでしょう。まず、キャッシングのカードを捨ててしまいますが、それでもきっと依存は止まらないでしょう。

依存症の人は、依存する意識を別の方向へ向ける事をしないと、きっとそのまま過ごしてしまうでしょう。結婚する、出産するなど、その他、きっかけを作り、依存して生きるのを辞めて、まっとうな方法で生きて行くのが正しいと思います。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク