カードローンを利用する場合には銀行が良い

収入や貯蓄がなく、冠婚葬祭などで急な出費が重なるような場合には、お金を捻出することが難しく、誰かにお金を借りなければならない状態になってしまいます。親や親せき、友人などから借りる方法もありますが、お金に困っていることを身内には知られたくないと思う人がほとんどです。

では、どのようにお金を調達すればよろしいでしょうか。最も簡単な方法としては、カードローン会社に申し込みをすることです。カードローンでお金を融資してもらう場合には、利用使途を問われないので、審査さえクリアすれば、誰でも一定額のお金を借りることができるのです。

カードローン会社にはさまざまな業態があります。銀行、銀行系、信販系、消費者金融系などです。どの業態でも同様の審査が行われますが、銀行の場合には、適用金利が比較的低いということと、銀行だからこそ、お金の管理に厳しいという側面から、審査は少々厳しいです

最低限満たしていなければならない条件は、長期間同じ会社勤務をしており、安定した収入を得ていること、他に多額の借金などがないこと、過去に借金の踏み倒しや度重なる返済遅延を起こしていないことが条件です。カードローン会社にとって、融資したお金は絶対に金利とともに返済をしてもらわなければ、安心して融資をすることもできないのです。

カードローンの適用金利は、過去に比べて安くなっています。利息制限法という法律が定められており、年利18%以上の金利を消費者に課すことは禁じられています。消費者金融系のカードローン会社ですと、最初は上限金利を適用されて、利用頻度が高く、しっかり返済をしている人は、金利負担が少なくなっていく仕組みです。

しかし、銀行の場合は、最初から上限金利ではなく、安い金利で融資をしてくれるのです。しっかりと返済する能力があれば問題ありませんので、返済できる目途がしっかりたっているならば、銀行のカードローンサービスをすることが最も有利です。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク